blechmusikの日記

いろいろなことを書いています。

AutoHotkey のスクリプトとして作成されたカラー・ピッカー

機能はごく限られているが、使い勝手は良い。右クリックで、該当部分のRGB値を文字列として出力する。スペースキーを押せば、Windows の「色の設定」画面を呼び出す。

必要に応じて拡張すればよいだろう。