blechmusikの日記

いろいろなことを書いています。

「ふゃ」「ふゅ」「ふょ」の出力方法を変更する

現在の DvorakJ では、「ふゃ」「ふゅ」「ふょ」を表示するために、huxya, huxyu, huxyo を出力している*1。これは、「ふゃ」「ふゅ」「ふょ」を、「ふ」と「ゃ」「ゅ」「ょ」に分割してから、ローマ字に置き換えているということだ。なぜこのような処理をしているかというと、fya, fyu, fyo という出力方法では「ふゃ」「ふゅ」「ふょ」を表示しない IME が多数存在すると考えたからだ。
明日公開する版では、「ふゃ」「ふゅ」「ふょ」を表示するために、fya, fyu, fyo を出力するようにしよう。Microsoft Office IME 2010、ATOKGoogle IMEskkime のローマ字かな変換表の設定を調べたところ、これらの IME すべてが、fya, yfu, yfo の出力で「ふゃ」「ふゅ」「ふょ」を表示するよう設定されていた。この現状を踏まえれば、この出力処理を見直さないわけにはいかない。
この改変により、ローマ字入力で「ふゃ」「ふゅ」「ふょ」を表示する処理が少々高速化する。これまでは huxya という5文字を出力していた。今後は fya という 3 文字を出力するようになる。出力する文字をふたつ削減すれば、「ふゃ」「ふゅ」「ふょ」を表示し終える時間も短縮されるわけだ。