blechmusikの日記

いろいろなことを書いています。

入力するキーを指定回数分待機できるようにした

順に打鍵する配列や同時に打鍵する配列で、出力する文字列やキーと同様、入力するキー名を <> で括ると指定回数分の入力を待つようにした。たとえば、順に打鍵する配列で、使用するキーのオプションを"-1E-1E-1E"と設定すると、sc01Eのキー、つまり[A]を3回連続して入力することになる。この"-1E-1E-1E"というオプションを"<-1E 3>"と表記しても設定できるようにしたのだ。"<-1E-1F 2>"のように、複数のキーの情報を指定することもできる。同一のキーを複数回連続で入力するよう設定しているならば、この機能により設定を整理すると見やすくなるだろう。