blechmusikの日記

いろいろなことを書いています。

「寿司打」や"e-typing" で、 NICOLA 配列など [無変換] や [変換] を用いる配列を使用出来るようにした

omine3の備忘録集  DvorakJのキー取得に関しての考察(1/2)で、DvorakJ を使用すると、以下のタイピング練習ツール4つでNICOLA配列を全く練習できないとの報告を受けた。

  1. Flashタイピング 【寿司打 - SushiDA -】
  2. e-typing {インターネットでタイピング練習}
  3. Ozawa-Ken for Windowsの詳細情報 : Vector ソフトを探す!
  4. 喰人王

本日公開した DvorakJ 最新版では、喰人王をのぞいた上記の練習ツールすべてで、NICOLA 配列を練習できるようにした。これらは、ローマ字入力で使用するタイピング練習ツールである。NICOLA 配列を例に取ると、DvorakJ では、NICOLA 配列のかな一文字をローマ字入力のストロークに変換して出力できる。たとえば、「け」を出力するよう打鍵すれば、ローマ字入力用のタイピング練習ツールに合わせるよう "ke" を自動的に出力する。こうすることで、これらの練習ツールに対し、あたかも「ローマ字入力で練習しています」という情報を伝えているわけだ。
解決できなかった問題は、喰人王がDvorakJ によって出力された文字を拾い取らないことである。他の練習ソフトウェアと異なり、このソフトウェアでは、DvorakJ により通常の手法で出力されるキー、いいかえると AutoHotkey_L の Send を使用して出力されるキーの情報が適切に伝わっていないようなのだ。AutoHotkey の SendInput や SendEvent を使用しても、DvorakJ が生成した文字の情報を伝え切れていない。これについては、現在のところ、解決する手段を見いだせていない。