blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

日本語入力用の配列すべてを表を使用して設定するようにした(DvorakJP をのぞく)

最新版の DvorakJ では、キーボード配列に準じた表を使用して、日本語入力用の配列を設定するようにした。ただし、DvorakJP を除く。ここ数日検討していた機能を実装し終えたのだ。今後は、ローマ字入力かな入力の設定のように、キーストロークと出力する文字を一行ずつ記述しなくてよい。表を使用して設定するから、配列を編集しやすくなったと考えている。いかがだろうか。
ただ、現在のところ、同時打鍵用の配列の設定表と、順に打鍵する配列の設定表の記述方法が少々異なる。前者ではスキャンコードを "sc01F" のように記述する一方、後者では "-1F" と記述するようにした。これについては、"-1F"といった後者の記述法に統一しようと考えている。二、三日もあれば、スキャンコードの記述法を統一するよう DvorakJ 全体の処理を書き換えることができよう。
同時打鍵用の配列の設定表と、順に打鍵する配列の設定表の記述方法を統一し終えたら、ヘルプのページで諸々の設定方法を説明しよう。