blechmusikの日記

いろいろなことを書いています。

独自の日本語入力用配列の設定方法 完成版(かも)

昨日のエントリー「独自の日本語入力用配列の設定方法改正案 - blechmusik2の日記」を公開した後、試行錯誤を繰り返し、独自の日本語入力用配列の設定方法を変更することにした。二つの文字キーを順番に打鍵するときには、オプションとして一打目の設定をつぎのように設定する。すなわち、Dを一打目に打鍵するときには、まず"-"を記述してから、D のスキャンコードの末尾二文字 "20" を記述する。つまり、最終的にはオプションとして "-20" を設定する。きゅうり改のように Shiftを使用するときには、"-shift" と表記する。ここでは前回のエントリーと同様、月2-256の設定例を以下に記述しよう。

/*
 * 月配列(2-263式)
 * http://jisx6004.client.jp/tsuki.html
 */

/* 単打 */
[
1|2|3|4|5|6|7|8|9|0|  |  |  |
そ|こ|し|て|ょ|つ|ん|い|の|り|ち|  |
は|か|  |と|た|く|う|  |゛|き|れ|  |
す|け|に|な|さ|っ|る|、|。|゜|・|
]

/* 中段中指(3)*/
/* [D] */
-20[
  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |
  |  |  |  |  |ぬ|え|み|や|ぇ|「|  |
  |  |  |  |  |ま|お|も|わ|ゆ|」|  |
  |  |  |  |  |む|ろ|ね|ー|ぉ|
]

/* 中段中指(3)*/
/* [K] */
-25[
  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |
ぁ|ひ|ほ|ふ|め|  |  |  |  |  |  |  |
ぃ|を|ら|あ|よ|  |  |  |  |  |  |  |
ぅ|へ|せ|ゅ|ゃ|  |  |  |  |  |  |
]

叢雲配列についてはつぎのように設定する。

/*
 * 叢雲配列
 * http://fiercewinds.net/siki/pub/2006/07/08_182122/
 *
 * 第1打鍵
 * ぃょ●たさ つて●っぁ
 * しい★かな のと★んう
 * す、もはゅ ゃおに。る
 * 
 * ●の後に入力
 *   ぴびだざ づでぶぷ 
 * じぐぞがげ ぜどごぎヴ
 * ずぽぼばぱ ーをぢぺべ
 * 
 * ★の後に入力
 * ぅみひめむ ぬらふよぇ
 * えくそあけ せまこきり
 * ぉれほわゆ やねちろへ
 */


/* 単打 */
[
1|2|3|4|5|6|7|8|9|0|  |  |  |
ぃ|ょ|  |た|さ|つ|て|  |っ|ぁ|  |  |
し|い|  |か|な|の|と|  |ん|う|  |  |
す|、|も|は|ゅ|ゃ|お|に|。|る|  |
]

/* ************************************* */
/*  ●の後に入力  */
/* ************************************* */

/* 上段中指(3) */
/* [E] */
-12[
  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |
  |ぴ|び|だ|ざ|づ|で|ぶ|ぷ|  |  |  |
じ|ぐ|ぞ|が|げ|ぜ|ど|ご|ぎ|ヴ|  |  |
ず|ぽ|ぼ|ば|ぱ|ー|を|ぢ|ぺ|べ|  |
]

/* 上段中指(3)*/
/* [I] */
-17[
  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |
  |ぴ|び|だ|ざ|づ|で|ぶ|ぷ|  |  |  |
じ|ぐ|ぞ|が|げ|ぜ|ど|ご|ぎ|ヴ|  |  |
ず|ぽ|ぼ|ば|ぱ|ー|を|ぢ|ぺ|べ|  |
]


/* ************************************* */
/*  ★の後に入力  */
/* ************************************* */


/* 中段中指(3) */
/* [D] */
-20[
  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |
ぅ|み|ひ|め|む|ぬ|ら|ふ|よ|ぇ|  |  |
え|く|そ|あ|け|せ|ま|こ|き|り|  |  |
ぉ|れ|ほ|わ|ゆ|や|ね|ち|ろ|へ|  |
]

/* 中段中指(3)*/
/* [K] */
-25[
  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |
ぅ|み|ひ|め|む|ぬ|ら|ふ|よ|ぇ|  |  |
え|く|そ|あ|け|せ|ま|こ|き|り|  |  |
ぉ|れ|ほ|わ|ゆ|や|ね|ち|ろ|へ|  |
]

問題がとくに存在しないならば、この設定でDvorakJ 全体の処理を調整する。