blechmusikの日記

いろいろなことを書いています。

DvorakJ 用ショートカット・キーで、左右の [Ctrl] を使用するようキーバインドを変更した

Ctrl を数秒押し続けると、何かしらのエラーメッセージが出て困るとの感想をいただいた。これは、Ctrl が押し下げられているかどうかを定期的に判定しているからである。なぜ判定しているかというと、DvorakJ 用のショートカット・キーのためだ。Ctrl を一定期間内に打鍵することにより、DvorakJ の機能を停止又は開始するよう設定していた。
本日公開した DvorakJ 最新版では、DvorakJ の機能を停止又は開始するために、左右の Ctrl を使用するようにした。左Ctrlを押しながら右Ctrlを押し下げれば、DvorakJ の機能を無効にする。これに対し、右Ctrlを押しながら左Ctrlを押し下げれば、DvorakJ の機能を有効にする。
このように設定すれば、Ctrl を数秒押し続けても、エラーメッセージが出ることはないだろう。