blechmusikの日記

いろいろなことを書いています。

同時打鍵の判定で素数を使用するようにした

今日更新した版より。DvorakJ で使用している素数の判定処理の高速化については、追々検討しよう。
「独自の日本語配列(ローマ字かな変換版)」の文字列の探索処理においても、ハッシュ法を使おうと思う。同時打鍵を使用する配列よりも、ローマ字かな変換版の配列の方が判定に使用する設定数が多いだろう。具体的な例を出すと、JLOD配列の出力する文字の判定に使用する設定数は、黒塗り下駄配列の同時打鍵の判定に使用する設定数の約2倍である。後者に対してはハッシュ法を使用するのに、前者に対しては使用しないというのも妙な話だろう。問題は、それぞれの文字列というかストロークをどのように数値化するか、である。早速作業に取りかかろう。