blechmusikの日記

いろいろなことを書いています。

DvorakJ をかな入力に対応させた

かな入力を使用するタイピングのソフトウェア*1で、黒塗り下駄配列などを使用出来るようにした。この機能を使用してタイピングをするには、つぎの設定をする必要がある。まず、「日本語入力用配列を常に使用する(タイピング練習用)」にチェックを入れる。つぎに、「かな入力でタイピングをする」にチェックを入れる。そして「設定を反映」ボタンを押す。以下に設定画面のキャプチャ画像を示そう。

黒塗り下駄配列などを通常使用するならば、かな入力を使用しなくてよい。「かな入力でタイピングをする」にチェックを入れる必要はないのである。


追記:設定を簡単にした。「日本語入力用配列を常に使用する(タイピング練習用)」にチェックを入れて、「設定を反映」ボタンを押せばよい。

*1:一例として、 タイプウェル国語Kをあげよう。