blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

"Power On English Reading"の'The Typewriter―A Lesson in Design'の件 まとめ編

はじめに

"Power On English Reading"(東京書籍)の'The Typewriter―A Lesson in Design'の誤りが指摘されている。この教科書の原典を探った後に、批判を紹介しよう。

教科書の記述の原典

実は、'The Typewriter―A Lesson in Design'の記述は、 Don Norman, The Design of Everyday Things (Basic Books, 2002) *1所収の "The typewriter: A case history in the evolution of design" (pp. 145--151) を要約したものだと思われる。こう考えた根拠を述べよう。教科書 pp.72--76 の記述が、"The typewriter: A case history in the evolution of design"の記述と対応するのだ*2。各段落にどのような対応関係が存在するかを以下の表で示そう。

ノーマンの書籍の記述 教科書の記述
The history of the typewriter is the story of dedicated inventors in many countries... (p. 145) The history of the typewriter is the story of inventors in many countries. (p. 72)
Consider the typewriter keyboard... (p. 145) Let's look at the keyboard. (p. 72)
The design of the keyboard has a long and peculiar history. (p. 146) The design of the keyboard has a long and interesting history. (p. 73)
Why did the alphabetical ordering change? (p. 146) Today's keyboards are not in alphabetical order. Why did the ordering change? (p. 74)
Modern keyboards do not have the same promblems; jamming isn't a possibility with electronic keyboards and computers. (pp. 146--147) Modern electronic keyboards do not have the traditional type bars, so jamming is not a problem. (pp. 74--75)
Wouldn't they at least these be easier te learn? (p. 147) Wouldn't alphabetical keyboards be easier to learn? (p. 75)
There is a better way——the Dvorak keyboard——painstakingly developed by (and named after) one of the founders of industrial engineering.(p. 147) August Dvorak, one of the founders of industrial engineering, developed a better keyboard.(p. 76)
All this brings up an important lesson in design.(p. 148) The qwerty keyboard points to an important lesson in design.(p. 76)
ノーマンの書籍の段落 教科書の段落
1段落目 (p. 145) 1段落目
2段落目 (p. 145) 2段落目
3段落目 (p. 146) 3段落目
4段落目 (p. 146) 4段落目
5段落目 (p. 146) 該当する段落なし
6段落目 (pp. 146--147) 5段落目
7段落目 (p. 147) 該当する段落なし
8段落目 (p. 147) 5段落目
9段落目 (p. 147) 6段落目
10段落目 (p. 148) 該当する段落なし
11段落目 (p. 148) 7段落目

この教科書では、ノーマンの書籍から図を転載している。スキャン画像で p.75 の下部にある図を見てほしい。これが The Design of Everyday Things では p. 148 の図 6.2 と対応する。対照すれば解ることだが、ノーマンの書籍での図の右側に付されている説明が、教科書においては、根こそぎ削除されている。

批判

ノーマンのこの書籍の記述は2年前に批判されていた。「QWERTY配列に関するガセネタのオンパレードで、ものすごいシロモノ」*3と呼ばれるほどであった。
このノーマンの記述を要約した教科書が批判を受けない理由はあるだろうか。無いだろう。はじめに、安岡孝一「英語における文字頻度とタイプライターのキー配列」(英語教育, Vol.58, No.6 (2009年9月), pp.74-75)の75ページで、誤った記述の存在が指摘された*4。つづけて、三つのエントリーで教科書の記述の誤りが具体的に指摘されている。以下に列挙しよう*5

おわりに

東京書籍は生徒に訂正票を速やかに配布すべきである。それはこういうことだ。全国の高校生がこの教科書の問題の箇所を11月頃に読む*6。学校によっては、もっと早い時期に読み終えるよう生徒を指導しているかもしれない。生徒による教科書の予習を考えれば、今月中か来月中に配り終えるべきだろう。いち早く訂正票を配らねば、この教科書をそのまま読む高校生が全国中に現れてしまうのだ。


後日追記:? Both the circular layout and the piano layout were not easy to use. - blechmusik2の日記を書いた。

さらに追記:『Power On English Reading』Lesson 5全訳 - yasuoka の日記の公開を受けて、当エントリーを加筆した。

*1:[asin:0465067107:detail] 過去の版を下記に示そう。[asin:0465067093:detail] この版を底本とする日本語訳が1990年に出版されている。[asin:478850362X:detail]

*2:高校英語教科書におけるABC順キー配列 - yasuoka の日記『Power On English Reading』Lesson 5全訳 - yasuoka の日記参照。

*3:デザイン学者の書くQWERTY配列 - yasuoka の日記

*4:当該記事の本文と図表が PDF 形式で公開されている。http://kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~yasuoka/publications/Taishukan2009-09.pdf

*5:当日記では、日本で普及しているキーボードがこの教科書の記述とどのように関連づけられるかを示唆した。"Power On English Reading"の'The Typewriter―A Lesson in Design'の件 Dvorak 配列編 - blechmusik2の日記参照

*6:『Power On English Reading』所収のLesson 5「The Typewriter―A Lesson in Design」の件 - blechmusik2の日記参照。