読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

DvorakJ の起動時に任意のアプリケーションを実行できるようにした

DvorakJ

 DvorakJ に備わっていない機能をAutoHotkeyのスクリプトを活用して補完するという話をコメント欄に書き込んだが*1、そのようなスクリプトをはじめとする外部ツールをDvorakJと連携させやすくした。
 以下の画像のとおり自動起動のカテゴリに任意のファイルのパスを追加すれば、DvorakJ の起動時に任意のアプリケーションを実行できる。実行するプログラムのパスは、まず「選択..(C)」のボタンをクリックすれば出てくるファイル選択画面から選択し、「追加(A)」ボタンをクリックすれば登録できる。パスを手動で修正するには、「選択...(C)」横の入力欄のパスを改変してから「修正(M)」ボタンを押すこと。この例は、DvorakJ 起動時に、はじめにZドライブにあるタイプウェルの英単語のプログラムを実行し、それからzドライブをエクスプローラーで開くものである(もっとも、開くフォルダを「選択...(C)」から直接選択することはできず、手動で入力しなければならない)。それぞれの実行やフォルダを開く処理には待機時間を設けていないので、実行処理はほぼすぐに終わることになる。
f:id:blechmusik2:20131124014030p:plain
 また、DvorakJ のフォルダからの相対パスでも実行するファイルを指定できるようにした。「相対パスで表示する」を有効にすれば、アプリケーションのパス一覧が相対パス表記になる。具体的にはDvorakJ のフォルダと同一のドライブにあるファイルは相対パスで表示し、そうでないファイルは絶対パスで表示する。
f:id:blechmusik2:20131124014052p:plain
 こういったアプリケーションをDvorakJ起動時に自動的に実行する新機能は、DvorakJ と他のツールを併用して何かしらの作業を行う方におすすめしたいものである。

 なお、アプリケーションの登録手順および修正方法については改良の余地があると考えている。適宜修正を施すようにしたい。