読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

Windows 7 から Windows 8 へと OS をアップグレードした

はじめに

昨日、Windows 7 から Windows 8 へと OS をアップグレードした。アップグレードするにあたり再インストールしたドライバやアプリケーションに関して書き残しておく。

ネットワークアダプタ

Windows 8をインストールする際にIntelのNetwork Adapterをアンインストールするよう要求された。その要求を受け入れない限りインストールの手順が先に進まないような印象を受けたが、実際はどうだったのか定かではない。ともかくその指示にしたがってアンインストールし、OS をWindows 8 へとアップグレードしたうえで、新しい版のNetwork Adapterを以下のページから入手した。

ScanSnap関連

まず、ScanSnap Organizer ScanSnap Manager が正常に起動しなくなったので、公式サイトで配布されている Windows 8 用更新プログラムを入手し、インストールした。アプリケーションを起動しそこから更新プログラムを確認するという手段も取り得るが、今回はそのようにせず、更新プログラムを直接入手しインストールした。

RAMDisk

RAMDisk ユーティリティーとして Dataram Ramdisk (Freeware Version)を利用してきたので、その Windows 8 用プログラムを入手しインストールした。窓の杜 - 【NEWS】“RAMディスク”の構築ソフト「Dataram RAMDisk」v4.0.0が公開、Windows 8をサポートに触れ、Windows 8 用の Dataram RAMDiskが配布されるようになったことを知っていたので、導入したのである。

カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ

Windows 8 のインストール後、インストール済みの「カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ」がうまく動かなかったので、新規というか再びインストールした。実は、Windows 8 起動後に「カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ」を再インストールするよう要求するメッセージが表示されており、それに従ってインストールしようとしたのであるが、失敗した。どうやら以前にインストールした際のキャッシュファイルを探そうとしたものの見つからなかったようだ。そういう場合には完全なインストールプログラムを改めて入手せねばなるまい。

デスクトップ上にディスクサイズを表示する

以前の Windows 7 の環境下では、ガジェット機能を使ってデスクトップ上にディスクサイズを表示していた。それによって、各ドライブのファイルサイズの大きさを適宜確認していたのである。
ところが、Windows 8 ではそのガジェットが動作しなくなり、他のソフトウェアに移行せざるを得なくなった。Windows 8 の更新点の一つにサイドバーやガジェット機能を取り除いたことが挙げられる。Windows 7のガジェット機能に攻撃のおそれ――8では「廃止」か | セキュリティ・マネジメント | トピックス | Computerworld - エンタープライズITの総合ニュースサイトで説明されているように、セキュリティ対策の観点から同機能が削除されたようだ。
そういうわけでドライブの空き容量の情報を一定間隔毎に取得し表示するAutoHotkey 用スクリプトを作成することを初めは考えたのだが、ここでは DiskWatcher というソフトウェアを導入してみた。配布元サイトのページchannel X [top]*1によると、これは9年前のソフトウェアである。文字のサイズを少々拡大できればいいのに、そういう機能が実装されていないのが残念である。その点を除けば、これまで使用してきたガジェットをこのソフトウェアで十分に代用できるだろう。

おわりに

Windows 8 で、一部の文字の縦書きが正しく処理されない問題がつい先日発覚した Windows 8 であるが、末永く使いたいものである。

*1:現在はサイト自体が消失している