読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

ATOK 2012 で「漢字変換」を出力する挙動を確かめた

DvorakJ と ATOK 2012 を併用すると ATOKの挙動がおかしくなるとの報告を受けた。当方ではその現象が再現されないのでいろいろなことを考えていたら、ATOK の挙動自体に違いが生じていると考えるにいたった。
このエントリーでは、DvorakJ を起動させていない当方の環境下での ATOK の挙動をまとめる。具体的には、「漢字変換」を出力するために「漢字」と「変換」を個別に出力するのだが、その際にはローマ字入力を用いることとし、またエンターキーを使わずにスペースキーと文字キーのみを使うことにする。


1. まず、「漢字」を出力するために"kanji"を入力する。

2. ここでスペースキーを押して未確定の文字列を変換する。


3. 続けてエンターキーを押さずに、「変換」を出力するために"henkan"を入力する。


4. そしてスペースキーを押して未確定の文字列を変換する。


報告者によると、4.の箇所ではつぎのような画面が出てしまうようだ。

報告者の環境下の ATOK と私の環境下の ATOK の違いは一体何に由来するのだろうか。現時点では皆目検討がつかない。

後日追記

141F さんから、ATOK プロパティから設定する「変換方法」を「自動変換」にすれば望み通りの挙動になるとのご教示を得た*1。ありがとうございます。

*1:http://61degc.seesaa.net/article/297996223.html#comment