blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

Lenovoのノートパソコンのメモリを換装したら、CPU使用率が100%になった(解決済み)

はじめに

私はLenovo G560というノートパソコン*1を所持している。これは簡単な処理であれば軽快に動作するパソコンで、キーボードの配列やタッチパッドが独特な形状であるということを措いておくと、使い勝手がよいものである。

先日、このパソコンのメモリを換装してメモリの容量を合計8GBにしようとした。これまでは2GB分のメモリをRAMディスクとして使用してきたのだが、そうすると、空きメモリの容量がかなり少なくなってしまうのである。これを解消するために以下のメモリを購入し、増設してみた。

BUFFALO ノートPC用増設メモリ PC3-8500(DDR3-1066) 4GB×2枚組 D3N1066-4GX2/E

BUFFALO ノートPC用増設メモリ PC3-8500(DDR3-1066) 4GB×2枚組 D3N1066-4GX2/E


すると、不思議なことにCPU使用率が100%になってしまうのだ。これがメモリの換装によって引き起こされた症状らしいということは理解したが、ハード面とソフト面のどちらの問題か、どうすれば解決できるのかが分からなかった。というのも、CPUの使用率がログイン後100%になってしまうせいで、検証作業を殆ど行うことができないのである。パソコンのメモリの増設について レノボG560のメモリを2G+2Gから4G+4Gにし... - Yahoo!知恵袋レノボのG560のメモリの増設について 起動が遅かったため、また動画編集などの重... - Yahoo!知恵袋を見ると、私とまさに同一の症状に苦しんでいた方が巷にはいるようだ。
結論を先に言おう。この症状はいわゆるメモリの相性問題に起因するようで、BIOSの設定を更新すると問題が解消されるということが分かった。
以下では、症状の具体的な内容と解決策を順に提示する。

症状の内容

  • ログオン画面が表示される前に表示される「Windowsを起動しています」という画面が、メモリ換装前と比較して、長く表示されるようになった
  • ログオン後にCPUの使用率が100%に達する。この際、Lenovo G560のクアッドコアCUPすべてが100%の値を示すことになる
  • メモリをそれなりに使う作業に着手すると、CPUの使用率がすぐに上昇して100%となる
  • タスクマネージャを起動してCPUの使用率の値の変化を観察したら、異常な事態を見つけられないことが分かった
  • OSはメモリ8GBをすべて認識している

解決策

BIOSの設定を最新のものに更新する。

  1. Lenovo サポート & ダウンロード : ダウンロード・ファイル - Japanにアクセスする
  2. 「ブランド」で「ノートブック」を、「ファミリー」で"Lenovo G560"を選択し、最下部の「選択した製品で検索する」を選択する
  3. リリース日が"2011-02-14"の「BIOS アップデート Windows Vista 64bit/Windows 7 64bit」をクリックする
  4. 「ダウンロード」の"NIWEx215_X64.exe"を保存し、実行する

この作業のおかげで、次回起動時からはCPU使用率が100%に到達しなくなった。

おわりに

Lenovo G560の使用者でメモリを換装する方は、上記のように、BIOSの更新作業をきちんとすべきだろう。

*1:具体的な型番は06792UJ。ちなみに、Lenovo G560仕様を解説+miniレビュー【PC Watch】 レノボ、「Lenovo G560」のタッチパッド仕様が混在によると、Lenovo G560の仕様は何回か変わってきたようである。