blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

使用しているIMEの情報を ime.ahk で表示できるようにした

ime.ahk*1の機能を強化した結果、タイトルどおりの機能を実装するに至った。以下のリンク先から改変後のime.ahkを入手できる。

Google日本語入力を使用中にこのime.ahkを実行すると次の画像のとおり情報が表示される。

ただし、他のIMEでは同様には動かない。ATOK最新版ではつぎのとおりに表示される。

他の言語でも情報が不完全にしか表示されない。中国語の繁体字簡体字IMEを利用している最中はつぎのように表示される。


このようにIMEの個別の名称が取得できないことはあるが、言語別に判定して処理を行いたいならば有益なスクリプトとなるだろう。
この機能を実装するにあたり三好さんからの助言が大変参考になりました。ありがとうございます。

参考ページ
Globalization Step-by-Step: Input Language: Keyboards and IMEs

*1:Index of /_pub/eamat/MyScriptの"IME20091203.zip"所収。