読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

DvorakJ のキーボード配列設定ファイル用マイナーモード dvorakj-minor-mode を作成した

この Emacs のマイナーモードを使用すれば DvorakJ のキーボード配列の設定ファイルが見やすくなる。どのように色づけられるのかは以下の画像を参照のこと。コメントが色づけられるのは当然のこと*1、キーとキーを区切る文字として使っている縦棒、{改行}のように {} で括られている文字列などを色づけする。


設定方法について簡単に説明しておこう*2。以下の設定を ~/.emacs.d/init.el に追記する。それから (auto-install-from-url ...) を評価すること。 C-x C-e (eval-last-sexp) を使うとよいだろう。その後 emacs を再起動する。

;; (auto-install-from-url "http://blechmusik.xii.jp/resources/app/emacs/site-lisp/dvorakj-minor-mode.el")
(require 'dvorakj-minor-mode)

そして、各キーボード配列の設定ファイルの冒頭に以下の一行を挿入する。こうすれば、そのファイルを開いたときに dvorakj-minor-mode を自動的に適用する。

/* -*- mode: text; mode: dvorakj-minor -*- */

DvorakJ の利用者でかつ Emacs を使用している方は、このマイナーモードを試しに導入してみてはいかがだろうか。

*1:ただし、理由は不明であるがコメントが全てコメントとして認識されるというわけではないようだ。原因が判明次第修正する。

*2:今後ユーザーマニュアルにて詳しく説明する予定である。