blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

DvorakJ 用のホットキーとして任意のキーを指定できるようにした

これまでは私が指定したホットキーによって、DvorakJ を停止したり再起動できたが、本日公開した版からは、そのホットキーとしてユーザーが任意のキーを割り当てられるようにした*1。まず「その他」の項目を表示している以下の画像を見てほしい。

「DvorakJ 用ホットキー」という項目の下にはつぎの機能四つが列挙されているが、ユーザーは各項目の右側のテキスト入力欄にホットキーの設定を記述する。

  • 実行を停止する
  • 実行を再開する
  • 実行の状態を切り替える
  • 再起動する

ホットキーの設定の入力欄に記述するのは、AutoHotkey のホットキー機能で記入する置換元キーである。AutoHotkey のホットキーの設定方法については以下のページを参照のこと。

AutoHotkey のホットキー機能に関しては、ことばで説明するよりも具体的な例を提示するのがいいだろう。

;; a で hoge を出力
a::send,hoge

;; Ctrl + a で foo を出力
^a::send,foo

;; Shift + a で bar を出力
+a::send,foo

;; Alt + a で fuga を出力
!a::send,fuga

;; Win + a で piyo を出力
#a::send,foo

;; 左 Ctrl を押しながら 右 Ctrl を押して zzy を出力
LCtrl & RCtrl::send,zzy

今回実装した機能では、上記のような表記はもちろんのこと、以下のような表記も受け付けるようにした。

入力欄に記述するホットキー DvorakJ が実際に設定するホットキー
C-a ^a
S-a +a
A-a !a
W-a #a
LCtrl -> RCtrl LCtrl & RCtrl

また、ホットキーを | で区切れば、同一の機能に複数のホットキーを設定できる。

変更したホットキーを有効にするには、DvorakJ を再起動すること。

*1:この機能は羽藤さんの 2011/11/18 01:56 のコメントを受けて実装した。