blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

最新版 Flash Player をインストールした際の作業メモ

はじめに

先日、Internet Explorer 用と Firefox 用の Flash player を更新しようとして Flash player のインストーラーを入手し起動したが、成功しなかった。当方の環境は Windows 7 sp 1 に Norton Internet Security 2012 (最新版)を導入したものだが、以下のエントリーと同様の症状が生じたのである。

ウイルスソフトOFFでも解決しません。
adobeのサイトより 11.0.1.152 をダウンロードし実行すると、インストール画面が出ない上にそのダウンロードファイルまで消えてしまいます。

タスクマネージャーを見たところ、インストール用プログラムが別名のファイルで複製され続けていることが分かった。以下に示すスクリーンショットは、プログラムが複製されていく様をとらえたものである。



以下、私の環境に Flash player の最新版を導入した作業手順を記す。

1. Flash Player の既存の設定を消去する

まず考えたのは、Flash Player の既存の設定が何かしら不具合を引き起こしているのではないか、ということである。
そこで Flash Player の設定を消去しようとした。その方策を探していたところ、adobe Reader X が上手くインストールできなかったのでメモ - himadatenodeの日記経由で以下のページを発見した。

このアンインストーラーを実行した結果、 Flash Player の既存の設定を消去できた。

2. Flash Player のスタンドアロン版を導入する

つぎは Flash Player のスタンドアロン型のインストーラーを使用して、Flash Player を導入することである。インストーラーの入手先は以下のページだ。

このページ中の「インストール時に問題が発生したら」からリンクが張られているプログラムをダウンロードし、インストールすればよい。ここで注意することが一つある。それは Internet Explorer 以外のブラウザ向けのインストーラーのうち、64 bit 版へのリンクが張られていないということだ。そのようなブラウザを使用している人は、32 bit 用のそのインストーラーのリンクを 64 bit のものへと書き換えなければならない。書き換え前と書き換え後のurlをつぎに示しておく。

書き換え前
http://fpdownload.adobe.com/get/flashplayer/current/install_flash_player_32bit.exe
書き換え後
http://fpdownload.adobe.com/get/flashplayer/current/install_flash_player_64bit.exe

おわりに

以上の「1. Flash Player の既存の設定を消去する」と「2. Flash Player のスタンドアロン版を導入する」作業を経て、私の環境に Flash Player の最新版を導入することができた。ただ、これは私の環境下での導入事例であるから、他のパソコンによっては違う点があるかもしれない。