読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

「移民法: 法に違反していない」

The Economist

気になるのは回答率の低さである。記事で紹介されている報告書 "IMMIGRATION ENFORCEMENT OFF TARGET Minor Offenses With Major Consequences"*1を見てみよう。"ABOUT THE AMERICAN IMMIGRATION LAWYERS ASSOCIATION" によれば、 American Immigration Lawyers Association に所属しているのは弁護士と法学の教授をあわせて11,000人超である。"Report Methodology" によると、この会に所属している弁護士に問い合わせた結果、最終的には125人以上の弁護士から事例の説明を受けたとのことである。この会に会に所属している弁護士を10,000人と仮定すれば、回答率は2%にも満たない。なぜ回答率がこれほど低いのだろう。この会に所属しているものの、移民関連の事件を取り扱わない弁護士が多いのか?実際には移民関連の事件を取り扱っているものの、その事件が今回の報告書の内容にふさわしくない事件ばかりなので、回答しなくてもよいと弁護士が考えたのだろうか?回答率が低い原因はよく分からない。

*1:記事の冒頭の report から張られているリンク先は .pdf という拡張子に変更して保存すること。