blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

標準出力を返り値として処理する関数

二番目のリンク先には、AutoHotkey_L の 32 bit 版と 64 bit 版の両方で動作する改良版が掲載されている。

注意すべきことが一つある。日本語のOSで上記の改良版の関数を使用するには、

sOutput:= sOutput . StrGet(&sTemp,nSize,"CP850")

の "CP850" を "CP932" に書き換えること。