読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

明日16日から18日(月)まで、岩手県の大槌町と山田町において台湾慈済基金会が住宅被害者見舞金を支給する

先月に岩手県釜石市陸前高田市で住宅見舞金を支給した台湾慈済基金会*1*2、明日16日から18日までの三日間、岩手県の大槌町と山田町において、住宅被害者見舞金を支給する。先月住宅被害者見舞金を受給できなかった人々のうち、17日には陸前高田市民、18日には釜石市民にそれぞれの市において支給手続きが行われるようだ。詳細は、以下のページにある各市の詳細のファイルを参照のこと。このファイルは拡張子が抜け落ちているので、ダウンロード後に ".pdf" を末尾に付け足すこと。

先月の支給の様子は、台湾慈済基金会のウェブサイトにまとめられている。先月の支給期間は4日間*3だったが、その期間中に釜石市陸前高田市において総計6741世帯に支給したとのことである。支給手続きがこれほどまで迅速に進められたことから分かるのは、スタッフの方々が準備を入念になさっていたことだろう。

私が知る限り、日本のマス・メディアは台湾慈済基金会による住宅被害者見舞金の支給活動を報じてこなかった。念のために大手一般紙の過去の記事をデータベースから検索してみたが、該当する記事は未だに見つからない。マスコミは釜石市陸前高田市において多数取材してきたと思うが、被災者にとってこの見舞金がどれほどありがたいものかを理解できなかったのだろうか。その真意は不明である。もしかすると、マスコミは、被災者が経済的に苦しんでいる様を看過し続けているのかもしれない。
明日からの支給手続きが報道されるかは分からない。

*1:財団法人 台湾仏教慈済基金会

*2:台湾慈濟基金会が釜石市で見舞金を支給している - blechmusik2の日記参照。

*3:6月9日から12日まで。