blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

単打の設定と単打以外の設定を同時に設定できるようにした

従来は、単打の設定とそれ以外の設定を別個にしか設定できなかった。以下に掲載するのは、電卓型のキー配列を常に使用するテンキー用設定ファイルの内容である。

-NumLock[
           |{NumpadDiv}|{NumpadMult} |
{NumpadSub}|{NumpadAdd}|{NumpadEnter}|
{Numpad7}  |{Numpad8}  |{Numpad9}    |
{Numpad4}  |{Numpad5}  |{Numpad6}    |
{Numpad1}  |{Numpad2}  |{Numpad3}    |
{Numpad0}              |{NumpadDot}  |
]

[
           |{NumpadDiv}|{NumpadMult} |
{NumpadSub}|{NumpadAdd}|{NumpadEnter}|
{Numpad7}  |{Numpad8}  |{Numpad9}    |
{Numpad4}  |{Numpad5}  |{Numpad6}    |
{Numpad1}  |{Numpad2}  |{Numpad3}    |
{Numpad0}              |{NumpadDot}  |
]

本日公開した版からは、, という記述を追加すると、単打の設定も同時に設定する。上記の内容を書き換えると、つぎのようになる。

-NumLock, [
           |{NumpadDiv}|{NumpadMult} |
{NumpadSub}|{NumpadAdd}|{NumpadEnter}|
{Numpad7}  |{Numpad8}  |{Numpad9}    |
{Numpad4}  |{Numpad5}  |{Numpad6}    |
{Numpad1}  |{Numpad2}  |{Numpad3}    |
{Numpad0}              |{NumpadDot}  |
]

こうすれば、Num Lock の状態に拘らず同一の設定を使用する。