blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

順に打鍵する配列で、一打目を表から設定できるようにした

従来は、最後に打鍵するキー以外を [ よりも左に記述し、最後に打鍵するキーの位置に文字を記述していた。例えば、Dvorak 配列の C ' で「かい」を出力したいとき、以下のように記述していた*1

/* Dvorak配列 の [C] */
-17[

かい|


]

言い換えると、子音用のキーと母音用のキーを使用する配列ならば、母音用のキーの位置に出力したい文字列を書く。
今回導入した記法を用いると、最初に打鍵するキーの位置に文字を記述できる。その記法を利用するには、-17[ を -17[[ のように、つまり開き鍵括弧を二つ(以上)する。子音用のキーと母音用のキーを使用する配列ならば、子音用のキーの位置に出力したい文字列を書くのである。
もう少し具体的な例を出そう。従来の設定例として、和ならべの設定ファイルの一部を引く。

/* [W] */
/* r */
-11[
  |  |  |  |    |    |    |    |  |
  |  |  |  |    |りゃ|りぇ|り  |れ|
  |  |  |  |るぁ|りゅ|ら  |る  |ろ|
  |  |  |  |    |りょ|    |りぃ|  |
]

/* [E] */
/* n */
-12[
  |  |  |  |    |    |    |    |  |
  |  |  |  |    |にゃ|にぇ|に  |ね|
  |  |  |  |ぬぁ|にゅ|な  |ぬ  |の|
  |  |  |  |    |にょ|    |にぃ|  |
]

続けて、今回導入した記法で設定した例を示す。

-option-input[
	[y] | -15
	[l] | -26

	{や} | [y]
	{お} | [l]
]

{お}[[

	ぽ|ろ|の|も|
	ほ|と|そ|こ|
	ぼ|ど|ぞ|ご|
]

{や}[[

	ぴゃ|りゃ|にゃ|みゃ|
	ひゃ|ちゃ|しゃ|きゃ|うぁ|
	びゃ|ぢゃ|じゃ|ぎゃ|
]

和ならべの実装例に関する限り、後者の方が設定内容を管理しやすい気がする*2。如何だろうか。
関心を抱いた方は、今回導入した設定方法を試してみてほしい。

*1:これは DvorakJP や JLOD配列の例であるが、C を押した時点では k を出力しない場合である。

*2:実際に、本日公開した版では、この記法によって和ならべを設定し直した。