blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

選択した設定ファイルの履歴を自動的に表示するようにした

以下の画像を見ると分かるように、本日公開した版では、選択した設定ファイルの履歴を自動的に表示するようにした。以下の画像は、「選択...」ボタンをクリックしたときに表示されたメニューを写したものである。従来の「参照...」ボタンの機能は、このメニューの最上部にある「参照...」をクリックすることによって呼び出す。ただし、履歴が蓄積されていないときには、すぐさま「参照...」の機能を呼び出す。その下には、最近使用したファイルの相対パスを上から順に列挙している。列挙されている相対パスをクリックすると、その相対パスのファイルを設定ファイルとして使用する。現在、設定ファイルの履歴を最大5件保存するよう設定している。

この機能を実装したことで、現在使用中の設定ファイルを変更したときに、DvorakJ を再起動する必要がなくなった。履歴から当該ファイルを選択するだけでよい。