blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

「AutoHotkey のスクリプトで作った親指シフトエミュレーター」

AutoHotkey_L ではなく AutoHotkey 本家版用のスクリプトのようだ。

以下の三点を変更したらどうだろうか。特に、一点目は是非とも書き換えるべき設定であろう。

  1. スクリプト88行目〜91行目のC:\TEMP を%A_Temp%に書き換える*1。テンポラリ・フォルダのフルパスは、パソコンによって異なるかもしれないからだ。実際に、私の環境では、テンポラリ・フォルダを Z ドライブに設定している。
  2. AutoHotkey_L を導入して、#if 関数を使用する*2。例えば、#if (A_IsCompiled = "")と記述すると、コンパイルしていないときのみ有効になるホットキーを設定することができる(80行目以降)。
  3. KeyPush関数への引数を、以下のように、ホットキーのラベル名をもとに一括で指定する*3AutoHotkey_L の Trim 関数を使えばつぎのような設定でよい*4
1::
+1::
  KeyPush(A_ThisHotkey, Trim(A_ThisHotkey, "+"))
  return