blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

Caps Lock を打鍵したときや全角英数モードに変更したときの、IME の挙動を観察してみた

Index of /_pub/eamat/MyScriptIME.ahk を使用して、日本語入力における Caps Lock や英数入力の挙動を観察してみた。具体的には、入力モードを取得するIME_GetConvMode()を使って、ATOK 2010 と Microsoft Office IME 2010 の状態の変遷を追った。ただし、両 IME とも、初期設定を前提としている。
以下に示すのはローマ字入力における挙動である。同様の傾向を示したかな入力の結果については省略する*1

モードや動作\IME の状態 ATOK 2010 Microsoft Office IME 2010
Caps Lock を単独で打鍵したとき 24 16
Shift + 文字 24 16
半角英数*2 16 16
半角全角*3 24 24

この表から分かることは、二つの IME には違う挙動があることだ。それは、Caps Lock を単独で打鍵したときと、Shift を押しながら 文字を押したときである。それらについて、ATOK 2010 の方は全角英数として処理し、Microsoft Office IME 2010 は半角英数として処理している。
IME に応じて処理を変更するときには、上記の点に留意する必要があろう。

*1:かな入力の場合は、それぞれの値から 16 を引けばよい。

*2:これは Microsoft Office IME 2010 における名称である。ATOK 2010では、「半角アルファベット」と「半角英語入力」が該当する。

*3:これは Microsoft Office IME 2010 における名称である。ATOK 2010では、「全角アルファベット」と「全角英語入力」が該当する。