blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

Dvorak配列の各日本語入力用拡張配列の関係を図で示してみた

表題のとおりの図を以下の通り作成した。Dvorak 配列の日本語入力用拡張配列同士の関係は実線で結び、それ以外は点線で結んだ。それぞれの入力方式間の関係は、公開されている(または公開されていた)各仕様から私が推測したものである。図は、クリックすれば、拡大される。

この図から何が分かるだろうか。まず、ACTがさまざまな入力方式に影響を与えているということだろう。それから、Dvorak配列の派生同士での改良が進められてきたことも注目されよう。
もっとも、この図だけでは読み取れないことがいくつかある。第一は、各入力方式間にどのような影響が作用しているか、ということである。いわば質の問題である。第二は、何かしらの入力方式の影響の強弱だ。こちらは量の問題といえよう。
以上のことをまとめてみよう。上記の図から分かることは、各入力配列間の作用に関わる情報は詳しくは分からないものの、主としてDvorak配列の派生同士で改良が進められてきた、ということだろう。


ここでY拡張Dvorakローマ字かな変換ルールについて触れておこう。これは、Dvorak Advent Calendar : ATND 用にここ数日投稿し続けているテーマ「Dvorak配列を使用してキーボード入力を快適にする」では取り上げない入力方式だ。なぜかというと、説明が煩雑になるからである。この入力方式の作者の見解は、以下のエントリーを通読することで、把握できるだろう。

2007-12-07
おれなり。: blog : 飛鳥練習中
2007-12-20
おれなり。: blog : 1音節1打鍵
2007-12-28
おれなり。: blog : 親指シフトって
2007-12-29
おれなり。: blog : ACTもどうも・・・
2007-12-30
おれなり。: blog : 音読み拡張
2008-01-12
おれなり。: blog : Dvorak ローマ字
2008-02-08
おれなり。: blog : 自作キーボード配列の操作法
2008-02-17
おれなり。: blog : ローマ字変換ルールと不良セクタ

独自に拡張入力方式を作成してみたい方にとっては、上記の試行錯誤の過程が参考になると思われる。

参考

今回掲載した図の dot ファイルは以下の通りである。

digraph geta {
	graph [fortsize = 13, fontname = APJapanesefont, label = Dvorak配列の日本語入力用拡張配列];
	node [fontsize = 13, fontname = APJapanesefont, ];

	m_type [label = M式, ];
	sky [label = SKY配列, ];
	nicola [label = NICOLA配列, ];

	azik [label = AZIK, ];
	act [label = ACT, ];
	act09 [label = ACT09, ];

	dvorakjp_beta [label = DvorakJP β, ];
	dvorakjp_latest [label = DvorakJP 正式版, ];

	sousei [label = 蒼星, ];
	act_m1 [label = ACT配列(M1版), ];
	jlod [label = JLOD配列, ];

	dvoraky [label = DvorakY, ];
	y_dvorak [label = Y拡張Dvorakローマ字かな変換ルール, ];


	m_type -> azik [style = dotted, ];
	m_type  -> sousei [style = dotted, ];
	sky -> azik [style = dotted, ];
	sky -> dvorakjp_beta [style = dotted, ];
	nicola -> sousei [style = dotted, ];

	azik -> act [style = dotted, ];
	azik -> dvorakjp_beta [style = dotted, ];
	act -> act09;
	dvorakjp_beta  -> dvorakjp_latest;
	act -> sousei -> jlod;
	act -> act_m1 -> jlod;

	act -> y_dvorak;
	dvorakjp_latest -> y_dvorak;
}