読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

"Land of Lisp: Learn to Program in Lisp, One Game at a Time!" について少しだけ調べた

Common Lisp

tech / 【入門】Common Lisp その7【質問よろず】の458が触れている、"Land of Lisp: Learn to Program in Lisp, One Game at a Time!"について少しだけ調べてみた。

出版社内のページ
Land of Lisp | No Starch Press

Land of LISP: Learn to Program in Lisp, One Game at a Time!

Land of LISP: Learn to Program in Lisp, One Game at a Time!


上記のページでは、"Section II: Lisp Is Symmetry" の第8章がサンプルとして丸々(20ページ強)公開されている。それを見てみると、コードの行によっては丸文字が示されていることが分かる。見やすさが配慮されているようだ。また、漫画が少々?含まれていることも分かる。
Hacker News | Land of Lisp: Learn to Program in Lisp, One Game at a Timeのスレッド内の著者のコメント*1によれば、特に影響を与えた書籍は以下の二つのようだ。どちらの書籍とも、インターネット上で全文を閲覧できる。On Lisp につき邦訳があることは言うまでもあるまい。

On Lisp

On Lisp


気になったのは、(上述の出版社内のページの下部にある)index 内の "Clojure Lisp" という記述だ。これはClojureを指しているのだろうか。そうだとすると、"Clojure" ではなく "Clojure Lisp" と記述する理由が分からない。どういうことなのだろう。