blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

独自のショートカットキーの出力処理を大幅に変更した

ショートカットキーの組み合わせを保持するデータ構造を大幅に変更し、独自のショートカットキーの出力処理を操作しやすくした。
次は、独自のショートカットキーの設定方法を、キーボード配列の設定方法に似せるようにしよう。現在のところ、以下のように設定することを考えている。[ の右側に、キーを送る対象であるアプリケーションの情報を記入するのだ。特定のアプリケーション用に独自のショートカットキーを設定している方は、そのショートカットキーが編集しやすくなると思われる。

/* すべてのアプリケーションに共通する設定 */
[
    /* {Win}, {Alt} を使用する vi 風カーソル移動 for Dvorak 配列 */
        {Win}{Alt} d | {Left}
        {Win}{Alt} h | {Down}
        {Win}{Alt} t | {Up}
        {Win}{Alt} n | {Right}

    /* {Win}, {Alt}, {Ctrl} を使用する vi 風カーソル移動 for QWERTY 配列 */

        {Win}{Alt}{Ctrl} h | {Home}
        {Win}{Alt}{Ctrl} j | {PgDn}
        {Win}{Alt}{Ctrl} k | {PgUp}
        {Win}{Alt}{Ctrl} l | {End}

    /* {Win}, {Alt}, {Ctrl}, {Shift} と ";" で "test1"を出力する */
        {Win}{Alt}{Ctrl}{Shift} ; | Test1
]


/* 特定のアプリケーション向け設定 */

    /* for Mozilla Firefox */
    [ MozillaUIWindowClass
        {Win}{Alt} s               | Test2         
        {Win}{Alt} f  o            | FireFox{!}    
        {Win}{Alt} f  {Win}{Alt} o | <FireFox{!} 3>
    ]

    /* for EmEditor */
    [ EmEditorMainFrame3
        {Win}{Alt} s     | Test3
    ]