blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

外部から仮想的に送信されたキーバインドを改変しないようにした

本日公開した DvorakJ に、昨日公開したスクリプトの機能を取り入れた*1。動作を確認したソフトウェアは Clibor と QTClip である。どちらのソフトウェアも、(仮想的に Ctrl-vが送信される)貼り付け動作が正常に動作した。
なお、LWin, RWin, LAlt, RWin それぞれと文字キーのキーバインドの設定も大幅に改変した。実際にキーを押し下げる処理と、ソフトウェアがキーを仮想的に押し下げる処理の両方に関わるものだ。前者については処理の内容が実質的に変化していない一方、後者については、DvorakJ がそもそもそのような仮想的なキーを取り扱わないように変更している。
これで、DvorakJ と、Ctrl-cCtrl-v を仮想的に出力する他のソフトウェアとを併用できるようになったと考えられよう。