読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

「試されている日本の司法制度: 検察官なのか、それとも迫害者なのか?」

三段落目の末尾の話が興味深い。東京地裁の裁判官を務めた人物によれば、裁判の結果被告人が無罪になってしまうと、その事件の検察官は出世に大きな傷がついてしまうようだ。なるほど、検察官なら、有罪があまり見込まれない事件を裁判過程にのせる気にはならないだろう。