blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

IME の状態を変更するコマンドをキーボード配列中に盛り込めるようにした

表題の通りである。従来の DvorakJ は、キーボード配列の設定ファイルに、出力する文字やキーしか記述できなかった。おそらく殆どの場合はこの機能だけで十分だろう。それに加えて、今回の改変では、直接入力に切り替えるコマンドと、日本語入力に切り替えるコマンドを実行できる機能を実装した。
具体的にはつぎのように設定する。キーボード配列のキーの設定で{直接入力へ}と記述すればよい。日本語入力に切り替えるならば、{日本語入力へ}と記述する。この記述の前後には何の文字やキーも入れてはならない。入力を切り替える直前や直後にキーや文字を出力するには、上記のコマンドではなく、{全角}を記述すること。これは{全角}キーを押すものだから、前後に文字やキーをどれほど記述してもよいのだ。時と場合によって使い分けてみてほしい。とはいえ、再論するが、大概の場合は{全角}の方を使用することで事足りるだろう。