blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

「単一キー」の設定画面から数々のキーを簡単に変更できるようにした

従来は、文字キー周辺のキーやテンキーといったキーしか動作を変更できなかったが、今回の改変により、カーソルキーや Pause キーの動作をも変更できるようにした。この改変により、キーボード中のほとんどのキーの動作を変更できるようになったと思われる。
今回の改変では、特定のキーの動作を変更するのに、ドロップダウンリストからその動作を選択するようにした。これまでは、ラジオボタン形式の別の設定ウィンドウ上から、キーの動作を選択するようにしていた。このような方法を採用していると、キーの動作の内容や順序を変更しにくいのである。また、視点を大きく動かさない限り、設定候補全体を把握できなかった。今回採用したドロップダウンリスト形式なら、ごく限られたスペースに、キーの機能を見やすい形式で表示できる。以前よりも設定しやすくなったのではないだろうか*1
「単一キー」関連の今回の改変の大きな特長は、DvorakJ を再起動せずに、変更した機能をすぐさま使用できることだ。キーの動作の変更を何度も試す方にとり、使い勝手がかなり向上したと思う。

*1:ただし、今回の改変の結果すべてにおいて設定しやすくなった、とは言い難いだろう。なぜなら、キーすべてについてドロップダウンリストを設定ウィンドウ上に設置したところ、起動時間が長くなってしまったからだ。