blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

「中国の愛国主義者の抗議: 我々は誓いすぎているのか?」

原文のタイトルの由来については、The lady doth protest too much, methinks. - Wikipedia, the free encyclopediaを参照のこと。
今回の一連の騒動を読み解く上で、記事中で触れられている報告書 STOCKHOLM INTERNATIONAL PEACE RESEARCH INSTITUTE, "New Foreign policy actors in China" の 41ページ以下 "The media and netizens" と、ASCII.jp:尖閣問題で熱い中国ネットメディアや愛国者をスルーする人々|山谷剛史の「中国IT小話」が参考になりそうだ。