blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

DvorakJ でファンクションキーとテンキーの両方を編集出来るようにした

DvorakJ 内に「その他キー」というタブを設け、ファンクションキーとテンキーを編集出来るようにした。設定画面は以下の通りである。

ファンクションキーは以下のように設定する。一段目では F1 から F4まで、二段目では F5 から F6 まで、三段目では F9 から F12 までを設定する。AutoHotkey_L の機能を使用しているから、出力する文字も回数も自由に変更出来る。たとえば、F5 を 1000 回押したいならば、{F5 1000} と入力するだけだ。

[
{F1}|{F2} |{F3} |{F4} |
{F5}|{F6} |{F7} |{F8} |
{F9}|{F10}|{F11}|{F12}|
]

テンキーについてはこうだ。まず、Num Lock が有効か無効かにより、異なる文字やキーを割り当てることが出来る。"-NumLock"と記述している方が、Num Lock 有効時の設定であり、他方、何も記述していない方は、Num Lock 無効時の設定だ。"Numpad〜"という表記のうち、数字があるものは、該当する数字をテンキー経由で出力する。残りのキーを見ていこう。 "Div" は "/"、"Mult" は "*"、"Sub"は "-"、"Add"は "+"で、"Enter"は勿論 "Enter"だ。詳細については、キーリスト (AutoHotkeyJp)を確認して下さい。

-NumLock[
           |{NumpadDiv}|{NumpadMult} |
{NumpadSub}|{NumpadAdd}|{NumpadEnter}|
{Numpad1}  |{Numpad2}  |{Numpad3}    |
{Numpad4}  |{Numpad5}  |{Numpad6}    |
{Numpad7}  |{Numpad8}  |{Numpad9}    |
{Numpad0}              |{NumpadDot}  |
]

[
            |{NumpadDiv} |{NumpadMult} |
{NumpadSub} |{NumpadAdd} |{NumpadEnter}|
{NumpadHome}|{NumpadUp}  |{NumpadPgUp} |
{NumpadLeft}|            |{NumpadRight}|
{NumpadEnd} |{NumpadDown}|{NumpadPgDn} |
{NumpadIns}              |{NumpadDel}  |
]

DvorakJ のヘルプページには、上記よりも詳しい説明を記載しよう。