blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

DokuWiki で AutoHotkey のシンタックス・ハイライトを使用する手順

はじめに

ja:syntax [DokuWiki]の「構文のハイライト」によれば、DokuWiki の「構文のハイライト」機能を使用することで、AutoHotkeyソースコードを色づけして表示できるようだ。
しかし、公式ページの説明に反して、この機能を使用出来ない。上記の説明ページによると、DokuWiki の「構文のハイライト」機能は GeSHi - Generic Syntax Highlighter :: Home によって実現されている。この GeSHi が対応している言語の一覧には AutoHotkey の項目が存在しないのだ。
AutoHotkey のみならず AutoHotkey_L に対応するシンタックス・ハイライトは、いつ公開されるのだろうか。

導入手順

実は、インターネット上で公開されている GeSHi の設定ファイルを使用すれば、AutoHotkey に対応するシンタックス・ハイライトをすぐに導入できる。以下でその手順を列挙しよう。

  1. /plugins/sfGeshiPlugin/trunk/lib/geshi/geshi/autohotkey.php - symfony - Tracにアクセス
  2. 上記のページの下部にある"Download in other formats:" のうち、 "Original Format" をクリックして、autohotkey.php をダウンロード
  3. dokuwiki のインストールディレクトリに移動
  4. /inc/geshi に上記の autohotkey.php を設置

これで、AutoHotkey に対応するシンタックス・ハイライトを導入できた。この設定を使用するには、つぎのように書けばよい。

おわりに

上記の手順を踏むことで、DokuWiki における AutoHotkey 用シンタックス・ハイライトを使用出来る。
これとは対照的に、AutoHotkey_L 用シンタックス・ハイライトについては、そもそも設定ファイルが公開されていない。AutoHotkey_L 用のシンタックス・ハイライトを使用したいものだ。