blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

Vector「新着ソフトレビュー」用原稿を作成した

「文字数は200字(以上)を目処」とのことだったが、少々多くなってしまった。すみません。わかりやすく説明しようとした結果、文字数を大幅に超過してしまったのである。詳細はVector「新着ソフトレビュー」より「from Author - ソフト作者からひとこと」 [DvorakJ Help]を参照のこと。

ソフトを開発しようと思った動機、背景

当初、Dvorak配列関連の入力環境を無料で整えようと思いましたので、ソフトウェアを開発し始めました。既存のフリーウェアでは私が望む処理すべてを実現できなかったのです。 現在は、Dvorak配列関連の入力環境を整備し終えたものの、ソフトウェアを開発し続けています。 Dvorak 配列以外のキーボード配列についても自由に設定したいと考えるようになったからです。

開発中に苦労した点

種々様々な IME に対応する点とキーボード配列の設定方法をなるべく簡単にする点に苦労しました。

ユーザにお勧めする使い方

頻繁に使用する [Back Space] と [Enter] を入力しやすい位置に変更してみてください。たとえば、[Caps Lock] を [Back Space] や [Enter] に変更してはいかがでしょう。 [無変換] や [;] を [Back Space] に、[変換] や [:] を [Enter] に変更するということも考えられます。このように変更するだけで、キーボード入力が快適になるでしょう。

今後のバージョンアップ予定

定期的に更新し続ける予定です。不具合に関する報告を受けたら、できるだけすみやかに修正します。また、今後はいくつかの機能を実装しようと考えています。一例としては、三つ以上のキーを同時に打鍵する配列を設定できるようにしたいです。

参考として、以下のように203文字版の原稿を作成してみた。

ソフトを開発しようと思った動機、背景

既存のフリーウェアでは私が望む処理すべてを実現できなかったので、Dvorak配列関連の入力環境を無料で整えようと思いました。

開発中に苦労した点

種々様々な IME に対応する点とキーボード配列の設定方法をなるべく簡単にする点に苦労しました。

ユーザにお勧めする使い方

頻繁に使用する [Back Space] と [Enter] を入力しやすい位置に変更してみてください。キーボード入力が快適になるでしょう。

今後のバージョンアップ予定

定期的に更新し続ける予定です。