blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

「単一キー」タブで特殊キーを自由に変更しよう 第五回目

今回の改変では、何も出力しないという機能を実装した。これまでは文字やコマンドをより柔軟に出力するよう設定してきた。これに対し、今回実装したのは、キーを打鍵しても文字通り何も出力しなくする機能だ。キーの機能を殺す、といえばわかりやすいだろうか。パソコンに付属しているキーボードによっては、不要なキーを動作させたくないかもしれない。そういうときに使用する機能である。
また、キーの動作を変更しないことを「そのまま」と表現するようにした。以前は「変更しない」と表記していた。これらよりも、「このキーをそのまま使用する」または「このキーを変更せずに使用する」と表記すればよりわかりやすくなるかもしれない。ただ、このように表記すれば、あまりにも冗長なものになってしまうだろう。
以下に掲載する画像は、左の Win キーで何も出力しないよう設定したものだ。なお、単打で左の Win キーを入力したときの機能のみを殺しているのであって、[Win] + [e] や [Win] + [m] といったショートカットキーは従来通り使用出来る。