blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

日本語入力用配列で、文字キーを 3 回以上連打すると文字を正常に出力できなくなっていた

JLOD 配列の実装に不具合がある旨の報告を受けた。ありがとうございます。報告の内容は大きく分けると二種類ある。すなわち、JLOD配列の設定ファイル上の不具合と、 DvorakJ 全体の処理に関わる不具合だ。以下では、後者の件を取り扱おう。
どうやら、ACT09 や JLOD 配列など順に打鍵する配列で、文字キーを 3 回以上連打すると文字を正常に出力できなくなっていたようだ。DvorakJ では、文字キーを連続して複数回打鍵すると、打鍵した文字キーの情報を保存している。この情報を保存するために、一定の決まりに従って、キーの情報を数値に変換していた。この設定がうまく機能しなくなったのだ。先日、日本語入力用配列すべてを表を使用して設定するようにしたことが原因である。以前のとおりキーの情報を数値に変換すると、3キー以上の情報が、直近の3キーの情報と同一になってしまっていた。つまり、3キー以上の情報を蓄えることができなくなっていたのである。
本日公開した版では、この不具合を修正した。これで、以前のように、ACT09 や JLOD 配列、月3-285改など、文字キーを3回以上連続して打鍵する配列を正常に使用できるようになっただろう。