blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

各種キーボード配列の選択方法を変更しよう 第一日目

AutoHotkey の公式フォーラムで TreeView に関するスレッドを巡回していたところ、有用なスクリプトを発見した。それは、Zaelia さんが Mon Nov 10, 2008 11:45 am に公開したスクリプトである。これを使用すると、選択したフォルダ内のファイル名を簡単に取得できるのだ。Zealia さんのスクリプトを動作させると、以下の画像で示すウィンドウが表示される。ここでは、試しに黒塗り下駄配列と黒塗り桐下駄配列の設定ファイル二つを選択してみた。直観的に操作しやすい画面だと思う。

このスクリプトをもとに、DvorakJ の設定に適合するようウィンドウを構築していこう。左上のドライブの選択項目を削除しよう。DvorakJ フォルダ以下の情報を取得すればよいから、他のドライブの情報は不要になる。つぎに、上部でツリーの表示画面を横に広げよう。そして、右上のファイルの設定画面で、日時の表示を 2010-02-25 という形式に書き換えよう。
スクリプトの記述方法としては、AutoHotkey_L の unicode 版に適合するように書き換えねばならない。まずはスクリプトの文字コードUTF-8 +BOM としよう。そして、WStr というデータ型を使うようにする。
以上のことを反映させた結果、次のようなウィンドウを作成することができた。グリッド線をつけたり各項目の並び替えを実現するなど、すぐに拡張することができる機能については実装してみた。明日は下部の設定を変更しようか。