blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

黒塗り桐下駄配列用練習テキストには「春風の作り方」の歌詞がおすすめ

黒塗り桐下駄配列用の練習テキストとして「春風の作り方」の歌詞を勧める。その理由を以下に六点列挙しよう。

  1. 五十音表の文字を満遍なく使用する
  2. 撥音拡張のキー五つをすべて使用する(-ann, -inn, -unn, -enn, -onn)
  3. 拗音拡張のキーを使用する(-you)
  4. 母音連続拡張のキー二つをどちらも使用する(-ou, -ei)
  5. 外来語用の同時打鍵を使用する(フェ、ジュ、デュの三つ)
  6. 記号用の同時打鍵を使用する(鈎括弧「」)

この歌詞を打鍵すれば人差し指をそれなりに使用すると附記しておく。
以下に、「春風の作り方」の歌詞を確認できるウェブページと音源へリンクを張っておこう。


なお、曲を聴きながら歌詞を入力するときに注意すべきことを書いておこう。フェイPさん*1は「成長期」を「セイチョウキ」(seityouki)、「黎明期」を「レイメイキ」(reimeiki)とルカに歌わせている。しかし、これはいただけない。日本語においては「成長期」を「セーチョーキ」、「黎明期」を「レーメーキ」と通常は発音するからだ。たしかに、英語の二重母音 [eɪ] と [ou] では舌を移動させるから、英単語であれば「セイ」や「メイ」、「チョウ」と全く聞こえないわけではないかもしれない。しかし、日本語では通例そのようには舌を移動させない。「セー」や「メー」の音を出力するためにこの同時打鍵を使用する、他方「チョー」の音を出力するためにこの同時打鍵を使用する。実際に曲を聴きながら歌詞を入力するときには、このように考えるとよい。