読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

吹奏楽版ではなくてブラスバンド版の「たなばた」

ブラスバンド

どのパートも余裕をもって曲を吹ききっている演奏だ。元気いっぱいの快活な演奏である。ただ、ソプラノ・コルネットが柔らかい音と鋭い音を大げさにでも使い分けていればよかった。さらに欲を言えば、全体としても、柔らかい音と鋭い音をより二分するように聴かせてくれればよかった。なにはともあれ、まずは以下のリンク先の音源を聴いていただきたい。

注目すべきところは中間部だろう。吹奏楽版ではアルト・サックスとユーフォニウムの掛け合いが中間部にある。これがブラスバンドではどのような響きとして表現されるのか。ここに注意して聴いてみるとおもしろいだろう。
参考に、youtube にある吹奏楽版の曲へとリンクを張っておこう。


後日追記:「ブラスバンド版「たなばた」の曲情報が更新された - blechmusik2の日記」を公開した。