読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

黒塗り下駄配列で小指を使用する同時打鍵の設定を再検討する

小指を使用する上段と下段の同時打鍵の設定を見直そう。昨日まで検討していた設定については一部を採用する。
割り当てを考えている文字列は以下のとおりである。文字列を選択するにあたり、石黒圭『文章は接続詞で決まる』*1を参考にした*2。私が独自に追加した接続表現については、文字の色を赤にして修飾した。

論理の接続表現

「だから」系 だから したがって ゆえに よって そのため
「それなら」系 それなら すると
「しかし」系 しかし だが でも それでも ただ しかしながら
「ところが」系 ところが にもかかわらず

整理の接続表現

「そして」系 そして それから また
「それに」系 それに しかも ひいては そのうえ そればかりか
「一方」系 一方 他方 それに対して 反対に 逆に 反面
「または」系 または あるいは
「まず」系 まず つぎに さらに

理解の接続表現

「つまり」系 つまり すなわち 要するに いいかえると 換言すると いわば
「むしろ」系 むしろ かえって そうではなく
「たとえば」系 たとえば 具体的には
「とくに」系 特に とりわけ
「ただし」系 もっとも なお

展開の接続表現

「さて」系 さて ところで それにしても それはそうと それはさておき それはともかく
「では」系 では それでは
「このように」系 このように こうして かくして 以上 結局 かように それゆえに

文末の接続表現

「のではない」系 のではない。
「だけではない」系 ばかりでない。 にとどまらない。 にかぎらない。 だけではない。
疑問の文末接続詞 のだろうか。
「のだ」系 んだ。 んです。 のだ。 のです。 のである。
「わけだ」系 わけだ。 わけである。 ということだ。 ということである。 ことになる。
「からだ」系 からだ。 からである。 ためだ。 ためである。
「と思われる」系 と言える。 と判断される。 と考えられる。 と思われる。
「のではないか」系 のではないか。 のではないだろうか。
「必要がある」系 なければならない。 てはならない。 べきである。 必要がある。

上記の文字列をつぎのように設定しよう。

上段の小指(5)を使用する同時打鍵は整理の接続表現
5 4 3 2 1 1 2 3 4 5
一方、     まず または あるいは また    
      つぎに さらに それから そして      
他方 それに対して 反対に 逆に 反面 ひいては それに しかも そればかりか そのうえ
下段の小指(5)を使用する同時打鍵は論理の接続表現
5 4 3 2 1 1 2 3 4 5
      でも それでも しかしながら ただ    
        だが しかし        
すると それなら ゆえに よって そのため したがって だから ところが にもかかわらず
中段の右手小指(6)を使用する同時打鍵は理解の接続表現
5 4 3 2 1 1 2 3 4 5 6 7
たとえば 具体的には むしろ つまり いいかえると              
特に とりわけ かえって すなわち 換言すると            
もっとも なお そうではなく 要するに いわば            
中段の右手小指(7)を使用する同時打鍵は展開の接続表現
5 4 3 2 1 1 2 3 4 5 6 7
こうして かくして では さて それはそうと              
このように かように それでは ところで それはさておき            
以上 結局 それゆえに それにしても それはともかく              

文末の接続表現については、以下のエントリーの設定をそのまま採用しよう。

*1:[asin:433403473X:detail]

*2:以下の書籍も参考にした。[asin:4874244459:detail]