読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

黒塗り下駄配列のモダリティ表現編の設定を変更しようか

黒塗り下駄配列

黒塗り下駄配列の同時打鍵に、石黒圭『文章は接続詞で決まる』*1の第七章「文末の接続詞」(153ページ)を導入することを検討しよう。認識のモダリティと評価のモダリティとして設定していた箇所*2の設定を変更してみる*3

今回検討するのは次のカテゴリーに属する計30個の文字列である。ここでは「と判断される」を「意見の文末接続詞」に独自に追加した。

名称 個数
否定の文末接続詞 5
疑問の文末接続詞 1
説明の文末接続詞 14
意見の文末接続詞 10
否定の文末接続詞と意見の文末接続詞
5 4 3 2 1 1 2 3 4 5 6
ばかりでない。 にとどまらない。 にかぎらない。 だけではない。 のではない。          
と言える。 と判断される。 と考えられる。 と思われる。 のではないか。            
なければならない。 てはならない。 べきである。 必要がある。 のではないだろうか。            

上記の表中の各文字色は特定のカテゴリーを表している。例えば、grayが文字色の「のではない」は「のではない」系に属していることを示している。具体的な対応関係については、以下の表を参照。

カテゴリー 書籍の該当ページ
gray 「のではない」系 157ページ
red 「だけではない」系 158ページ
navy 「と思われる」系 173ページ
green 「のではないか」系 174ページ
brown 「必要がある」系 176ページ
疑問の文末接続詞と説明の文末接続詞
5 4 3 2 1 1 2 3 4 5 6 7
んだ。 んです。 のだ。 のです。 のである。            
わけだ。 わけである。 ということだ。 ということである。 ことになる。            
からだ。 からである。 ためだ。 ためである。 のだろうか。            
カテゴリー 書籍の該当ページ
gray 疑問の文末接続詞 161ページ
red 「のだ」系 164ページ
navy 「わけだ」系 168ページ
brown 「からだ」系 170ページ


昨日の設定と同様に、上記の設定も数日試用しよう。