blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

なぜ、黒塗り下駄配列は特定の接続表現用の同時打鍵を設定しているのか

答えは、さまざまな接続表現を入力しやすくするためだ。単純な答えだろう。
当初、20 個の同時打鍵を設定しようと考えていた。
それでは、どの接続表現を使用しやすくするか。まず検討したのは、石黒圭『文章は接続詞で決まる』に掲載されている語句である。

文章は接続詞で決まる (光文社新書)

文章は接続詞で決まる (光文社新書)


(著者のコメント→一橋大学 | 一橋教員の本 詳細情報ページ
この書籍からどのような語を選び出すか。すべてを選び出すことは当然不可能だ。あれこれ考えたものの、選び出すことができなかった。


つぎに検討したのは野矢茂樹『新版 論理トレーニング (哲学教科書シリーズ)』に掲載されている語句である。

新版 論理トレーニング (哲学教科書シリーズ)

新版 論理トレーニング (哲学教科書シリーズ)


黒塗り下駄配列にこれを採用した。