読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

安藤貞雄『現代英文法講義』第6刷 (2008年6月25日発行)

この書籍を購入するならば、最新の第6刷を購入http://d.hatena.ne.jp/blechmusik2/すべきだろう。

現代英文法講義

現代英文法講義


重版により記述が訂正されているから、第6刷より前のものを購入することは避けた方がいいだろう。


この書籍の記述につき覚え書きを2点残しておこう。
1点目は誤植について。最新の第6刷のうち、誤植か?と思われる記述がいくつか指摘されている。1スレ目のレス809以降を参照のこと。


2点目は366ページの「命令の叙想法」 (jussive subjunctive) の例文(18)について。この例文は出典がGoogleであると明記されている。(1スレ目のレス920-924で指摘されている。)ただ、ウェブページの URL が示されていない。(1スレ目内も同様である。)
以下がそのウェブページだ。web.archive.orgのページも書き留めておこう。第3パラグラフの1文目が件の例文だ。

1998-05-02 に Ronald Hilton により作成されたページ、ということか。この人は、メールアドレスから察するに、当時スタンフォード大学フーバー研究所の中の人だったのだろう。

*1:■◇■◇■現代英文法講義(安藤貞雄)■◇■◇■ではすべてのレスを読むことが出来る