blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

DvorakJ と Logicoolのマウスドライバユーティリティ「Set Point」の相性問題

 Logicoolのマウスドライバユーティリティ「Set Point」と相性が悪いらしく、マウスボタンでCtrl-Vを設定すると、ペーストできる場合と"k"が入力される場合がある。

なるほどね。Dvorak 配列の K の位置に QWERTY 配列の V がある。「"k"が入力される場合」とは、前者の文字が出力されてしまうということか。
現状の DvorakJ では、Ctrl が押し下げられているかを調べている。

上記のユーティリティにつき、この機能では Ctrl を仮想的に押し下げていることを判定できないのだろう。

ではどうするか?AutoHotkey はマウスのボタンもフックできる。

これを使おうか。そのときには、機能を一覧から選択するようにしようか迷うところだ。


なお、このような現象のヒントになるであろうものを見つけた。

「Set Point」のインストールにより、キーボードのドライバも入れ替わるらしい。