blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

Dvorak 配列の練習方法は、英語入力と日本語入力で場合分けをすべきだと思います

はじめに

Dvorak配列は英語の文章の入力のために作成された配列です。Dvorak配列は日本語入力のために作成された配列ではありません。ましてや日本語のローマ字入力を考慮して作成された配列ではありません。
以下では英語入力と日本語のローマ字入力での Dvorak 配列の練習方法について考えてみます。特に後者について考えてみます。練習方法の条件は「無料」です。ここでは、DvorakJ*1から直接飛ぶことができるウェブページを取り上げます。

英語入力での Dvorak 配列の練習方法

以下のウェブページでは、段毎の打鍵の練習ができます。

このウェブページの練習プログラムの特徴は次の二点です。第一に、Dvorak 配列の図が同一の画面内に表示されていることです。第二に、同じキーを打鍵して地道な練習をすることがないことです。Dvorak 配列で英単語をすぐに打鍵してみたいという方におすすめです。


Dvorak 配列を着実に覚えたいならば、大御所のウェブページの練習プログラムを使用すればよいでしょう。

このウェブページの練習プログラムは、以下のウェブページのように、より使用しやすくなっています。

私は、大御所のウェブページの練習プログラムを2回繰り返したことにより、Dvorak配列でタッチタイピングをできるようになりました。

日本語のローマ字入力のための練習テキスト

以下のウェブページの「ブログの原稿での解析結果 (約22万文字)」を見てください。以下、特に断り書きがない限り、順位とは、このウェブページに記載されている「ブログの原稿での解析結果 (約22万文字)」の順位のことです。

頻出順位が上位1位から10位の文字は、「いうんし、とかのなて」です。

まずこの10文字を入力出来るようにします。これらを入力出来るようになることで、行と段の組み合わせにより、次の文字を入力できるようになります。

       
       


次に覚えるのは以下の12文字です。

  • 13位の「は」
  • 15位の「る」
  • 17位の「で」
  • 18位の「が」
  • 21位の「も」
  • 23位の「じ」
  • 28位の「。」
  • 31位の「ょ」
  • 32位の「を」
  • 35位の「ー」
  • 55位の「ば」
  • 74位の「ぷ」

これを覚えれば、行と段の組み合わせにより、次の文字を入力できるようになります。

   
     
   


ここまで終えれば、まだ覚えていないのは、捨て仮名の入力方法のみとなります。
これより、上記の10文字+12文字+2文字の合計24文字の入力方法を覚えることで、日本語の文章を入力できます。覚えるべき文字をまとめます。

頻出の10文字
「いうんし、とかのなて」
その他12文字
「はるでがもじ。ょをーばぷ」
捨て仮名用2文字
x と l


文字の入力方法を覚えたら、上記の「2.Uジローが書いたブログ原稿における、連続する2文字の組の頻度表」の「2文字、頻度50以上の結果」の一覧を、スムーズに入力できるまで繰り返し練習します。「ょう」といったものは、「きょう」や「ひょう」という風に、適当な文字を前に置けばよいでしょう。
それをスムーズに入力出来るようになったら、以下のページにある3文字の一覧を、スムーズに入力できるまで練習します。

Dvorak 配列によるローマ字入力の練習方法――日本語入力未拡張版――

日本語入力、具体的にはローマ字入力で、日本語入力用の拡張を使用せずに Dvorak 配列を使用するならば、次のようになります。

' パ行 ヤ行 F ガ行 C ラ行 捨て仮名用  
ア段 オ段 エ段 ウ段 イ段 ダ行 ハ行 タ行 ナ行 サ行 -
; Q J カ行 捨て仮名用 バ行 マ行 ワ行 V ザ行  

ここで、日本語入力用の拡張を使用しないDvorak配列で、ローマ字入力をすることを考えます。すると次の3点に気づくことでしょう。

  • カ行とヤ行とパ行の文字については、左手のみで行と段のキーを打鍵する
  • ア行の文字についても、左手のみで段のキーを打鍵する
  • それ以外の文字については、右手で行のキーを打鍵してから、左手で段のキーを打鍵する

これらを念頭に置いて、上記の23文字の入力方法を覚えます。そして、「2文字、頻度50以上の結果」の一覧を、スムーズに入力できるまで練習します。最後に、上記の3文字の一覧を、スムーズに入力できるまで練習します。

Dvorak 配列によるローマ字入力の練習方法――日本語入力拡張版――

練習方法は「日本語入力未拡張版」と同様です。
私見では、次の順番で日本語入力拡張版を練習してみればよいでしょう。

  • まず、 C がカ行のキーとなるDvorakY*2を練習します。DvorakYはヤ行の文字を一打で出力します。これより、左手のみで行と段を打鍵するのはパ行のみとなります。
  • 次に、DvorakJP*3を練習します。ann や ai を一打で出力できることを学びます。
  • その上で、ACT09*4、蒼星*5、JLOD配列*6のうち興味を抱いた配列を練習します。


DvorakJPやACT09を練習するにあたり、まずは以下の4点に注目すればよいでしょう。

  • 第一点は、すべての日本語入力拡張版のDvorak 配列において、C がカ行のキーとなることです。
  • 第二点は、DvorakYを除き、日本語入力拡張版のDvorak 配列は、ann や onn を一度の打鍵で出力出来ます。
  • 第三点は、拗音キーの位置です。DvorakJPとDvorakYとACT09 (そして JLOD配列)と蒼星は、それぞれ、拗音キーの位置が異なります。
  • 第四点は、促音のみを出力するキーの有無です。DvorakJPとDvorakYには促音のみを出力するキーはありません。その他配列にはあります。


練習する配列の特徴を把握したら、「2文字、頻度50以上の結果」の一覧を、スムーズに入力できるまで練習します。最後に、上記の3文字の一覧を、スムーズに入力できるまで練習します。

おわりに

Dvorak 配列を覚えようとしている方、がんばってください。

*1:"Dvorak 配列に関する覚書" < http://blechmusik.xrea.jp/d/misc/Dvorak_keyboard_layout/#DvorakJ >

*2:"win / おまえら、DVORAK配列つかってますか?" < http://p2.chbox.jp/read.php?host=pc11.2ch.net&bbs=win&key=1034359234&ls=772-773 >

*3:"DvorakJP" < http://www7.plala.or.jp/dvorakjp/ >

*4:"ACT09総合解説書" < http://www1.vecceed.ne.jp/~bemu/act/act09_doc.html >

*5:"蒼星(日本語入力配列)" < http://onpumoe.hp.infoseek.co.jp/keyboard/sousei.html >

*6:"高速タイピング JLOD配列 (Japanese Layout on Dvorak)" < http://www.mikage.to/jlod/ >