読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

塗り下駄配列用練習テキスト 下段編

塗り下駄配列

注意点

ここでは拗音の連語を取り上げません。

下段人差し指(2) + 上中段

なななな るるるる なななな るるるる
るるるる なななな るるるる なななな
ほほほほ むむむむ ほほほほ むむむむ
むむむむ ほほほほ むむむむ ほほほほ
ぼぼぼぼ ぺぺぺぺ ぼぼぼぼ ぺぺぺぺ
ぺぺぺぺ ぼぼぼぼ ぺぺぺぺ ぼぼぼぼ


<><><><> 


ことな ない。 なく、 ある。
なかで んなの こんな るひと
くなく うなこ ざまな などの
るが、 ないん なけれ なんで
みると ほんと てきな なんと
なる。 かなか こなわ がある
る。こ るかも ほうし なさん
いなど となり ほうで うない
がない れる。 るだけ どんな
るため なまえ いると ほうを
そんな ないが める。 なこと
のはな るひつ ほうの なので
とはな んない るもの きほん
いかな しない できな もある
るのは きない ーるを れるよ
なりま くない てない しなが
はなし めーる ないで る。そ
るわけ ほうほ もない 、ある
そうな なると れるの うなど
などを るとき あるの なんだ
るとこ てほし いるこ ないの
、なん あるい ほうが るいは
るんで なんか ほんの でいる
ほとん かなり ほうこ ればな
んなか けない あるこ なるの
なんて くれる る。し るばあ
るんだ ないし のほう かえる
いほう んなこ るのか ないこ
てくる れると あると ほんし
いなか るのだ たいな みんな
るのが ぺーじ なくな のない
いるか われる ぼうし あるか
こなう あなた かない れるこ
なのか げーむ である いない
される のある がえる がいな
のなか いけな のほん ほんじ
るので ていな はない なかん
んなど なわれ くなる いるの
きるよ きる。 ではな うほう
しれな ような ると、 るとい
るよう なもの ないか はなく
ほしい はなか となる みなさ
いる。 なのだ うしな できる
んほう ないよ むかし なくて
いるよ わない ほうそ れない
わるい など、 んとな ないと
なり、 ない、 ている 、ほん
ること えない

下段人差し指(2)と中指(3) + 上中段

にににに すすすす にににに すすすす
すすすす にににに すすすす にににに
ちちちち ゃゃゃゃ ちちちち ゃゃゃゃ
ゃゃゃゃ ちちちち ゃゃゃゃ ちちちち
ずずずず ぢぢぢぢ ずずずず ぢぢぢぢ
ぢぢぢぢ ずずずず ぢぢぢぢ ずずずず


”””” ’’’’ ”””” ’’’’

んにか すすめ てきに わすれ
ばんに いには かんす んにつ
きます かくに なにか ときに
すので すると ますか しすて
す。こ にあた にこう するに
ほうに ちいき やすい かいに
にする す。し いちば とうに
どうに による とによ するひ
すでに ですか ちがう うにす
すくな する。 うです うする
こうす すれば こうに いにし
うによ たいす げます ちばん
ちほう とにな ように こうち
きには とたち あいに になり
いにつ するよ になる にかん
ますが ーびす ですよ うにあ
まちが さいず にたい うに、
、にほ そうに ともに けんに
すこと うとす くにん しんに
んには とする す。そ にした
んにん つする うには いちど
などに にんし にんげ にはい
きにな なかに かたち により
ひとに にかい 、なに ちいさ
まえに のいち だいに たいに
いにち とくに ようす うにつ
にして けです につか ぶんに
もちろ ちろん かんに とです
をする れます んにな それに
きもち すてむ ころに さいに
するか るには ために りする
ますの にある ずかし します
には、 とにか ですが いです
んする ますよ うにん たんに
するの したち じつに いにあ
ものに たりす にかか につい
ります いにな かいす うじに
すよ。 さんに です。 すけど
ます。 つきに ちがい います
のです いする にほん するこ
ことに うしす きにん すが、
うにし んです すこし うにか
にかく くする うにな としに
がいに んにた するた

下段人差し指(2)と中指(3)と薬指(4) + 上中段

おおおお へへへへ おおおお へへへへ
へへへへ おおおお へへへへ おおおお
ねねねね べべべべ ねねねね べべべべ
べべべべ ねねねね べべべべ ねねねね
ゅゅゅゅ ゅゅゅゅ


{}{}{}{} ||||
{}{}{}{} ||||


おくの のおお おもい おもわ
へんか はおも るとお たいへ
おもう おんを いとお うとお
おんと おこな たいお おりま
おとこ ており および わおん
ねんま うをお おなじ すべて
してお へんし うねん おいて
だとお くわお におい におけ
におこ おんな おんの おおき
とおり たーね くねん んをお
すね。 おねが のわお もおお
いおう は、お おおく うへん
おきな のへん をおこ んにお
ですね 、おお うにお いにお
いへん がおこ ねがい んおん
とおも がおお おんが とおな
んねん おもし おおい おける
おり、 のおと

下段人差し指(2)と中指(3)と薬指(4)と小指(5) + 上中段

せせせせ らららら せせせせ らららら
らららら せせせせ らららら せせせせ
ぇぇぇぇ ょょょょ ぇぇぇぇ ょょょょ
ょょょょ ぇぇぇぇ ょょょょ ぇぇぇぇ
ぜぜぜぜ ぜぜぜぜ 


$$$$ &&&& $$$$ &&&&


せいに せいか せんた ほうせ
いませ からだ したら せんで
せんせ られた てもら えられ
、せい れませ せいじ ぜんに
ぜんた させて せんの からで
いせつ こうせ たらし せいさ
がら、 められ うせん たら、
られて るから せんが とから
せつめ かんぜ せんし ならな
せいの んから かいせ からは
いせい たから せきに せいひ
からな うから ちから さらに
せいき のせん わから せんき
からの くせん たいせ ろぐら
とらん せかい せいす しぜん
んらい これら られな からし
へいせ てきせ せつな いせん
かわら しから あくせ けられ
なら、 せいり きから うせき
せいど んせつ せいは 、せん
しんせ せいが 、ぜん いから
せいと ばなら らいの おんせ
しぇる だんせ てから きせつ
らいた んのせ がくせ れから
あらた うぜん せてい ならず
かんせ ぐらい のせい あわせ
ながら あたら くせい んせん
せいし せいふ んぜん だから
のうせ せいを わらい られる
らない りませ すから いぜん
うせい らしい から、 あしぇ
んせい からか せん。 させる
ません くらい

下段人差し指(1)と人差し指(2)と中指(3)と薬指(4)と小指(5) + 上中段

ぽぽぽぽ っっっっ ぽぽぽぽ っっっっ
っっっっ ぽぽぽぽ っっっっ ぽぽぽぽ
ぃぃぃぃ ぅぅぅぅ ぃぃぃぃ ぅぅぅぅ
ぅぅぅぅ ぃぃぃぃ ぅぅぅぅ ぃぃぃぃ


ったく ったか ちぇっ がはっ
ったり せって ってこ くなっ
よって もっと ーねっ っけん
だった ったと りっく った。
おもっ っかい となっ ったが
もった によっ だって っても
ってき ねっと ぽりし まって
、いっ ったこ っさい ってお
にとっ ってか であっ じっし
っとも とって がって あって
もって まじっ いっぱ りてぃ
ってみ じっさ ったの っかり
つくっ たって やって けっか
があっ くって ってま ってく
こなっ ったい 、じっ っかん
になっ ったん っては くりっ
つかっ なった じっく といっ
っとう ってい っこん のけっ
ってし ぇっく をもっ かえっ
いっぽ あっぷ っくす なって
がっこ かった ていっ わって
いった けっこ ぽいん しまっ
っせい いっし まった なかっ
あった って、 っくし かって
っこう っぱん ってる ったら
はいっ いって しって