読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blechmusikの日記

キー・カスタマイズ・ソフトウェア "DvorakJ" の覚え書きをはじめとして様々なことを書いています。

塗り下駄配列用練習テキスト 上段編

塗り下駄配列

上段人差し指(2) + 中段

てててて んんんん てててて んんんん
んんんん てててて んんんん てててて

でででで ぷぷぷぷ でででで ぷぷぷぷ
ぷぷぷぷ でででで ぷぷぷぷ でででで

やややや ぬぬぬぬ やややや ぬぬぬぬ
ぬぬぬぬ やややや ぬぬぬぬ やややや


〜〜〜〜 **** 〜〜〜〜 ****


のであ うでき じしん うじん
んだ。 れまで してく んが、
きかん んがあ んをか いんた
んじん うんど きてい んであ
んのか んてん いはん んのう
とんど んとい のかん しんが
かいで んでも 。でも ていて
うやく くてい うして うでは
てしま がかん んをし でした
できま たんで ぎろん うであ
いてん てんか じてん んとか
んいん しんし のしん ていの
いでは んよう はかん しんを
んがい んてい んかん てくれ
んした してし いて、 んでし
んでは では、 いてき かんし
んてき いては じめて 、しん
んしん んのい くして ても、
いきん はんだ ていし んのし
のもん ていき ので、 ういん
いかん んかい のでは をして
でんわ われて たいで んでい
かいて いいん てくだ しては
んのた とかん とで、 ていく
んとし んかし んめい あいて
んどう してき うので のてん
めんと んとの いあん んかく
はやく わだて んとは までも
のはん もんだ かんと かんじ
、かん までは たいて てきま
んれん んだん うてき かんた
うかん んをも んのき でも、
んじて いてい んがく はでき
しての ぷろぐ うだん とであ
んしき うきん とがで んばい
しんか ては、 かんき もくて
かくて てんし だんし んどの
たんと はんば やくし うはん
だいで しんの かんで んだか
いでき うで、 しんで めてい
くいん いんと んたく いでし
かんの んたん うもん かんを
いやく できた いであ いんで
のでし んのじ れでも ではあ
んのは いしん いじん ていま
でんし いんし をかん うてん
いまで んでき いんか たんだ
だして てきて んで、 くてき
いんの いても てんで まして
れてし くかん かして ていた
してい うしん いので して、
ができ ようで じかん てきた
んは、 れてい として であれ
んして かんが んだい んたい
もので んとう いして たので
じんの しんじ しても

上段人差し指(2)と中指(3) + 中段

ここここ りりりり ここここ りりりり
りりりり ここここ りりりり ここここ

ええええ そそそそ ええええ そそそそ
そそそそ ええええ そそそそ ええええ

ごごごご ぞぞぞぞ ごごごご ぞぞぞぞ
ぞぞぞぞ ごごごご ぞぞぞぞ ごごごご


!!!! ???? !!!! ????
:::: ;;;; :::: ;;;;



は、こ こう、 んまえ そうだ
こうを りかい ぞくわ 。そう
はこの うそう いこく はあり
ことば こうじ うえん はその
とえば こうか んぞく のそう
こんで いんり うごう くこと
うごく かわり い。そ わかり
これは 、こん こたえ ことで
、この こじん のこう が、そ
、そう こうと たこと りして
そのと んえん このよ 、それ
ばかり 、その のこと うこう
いとこ そうで こうき んそう
よりも ところ ことも したり
、これ のうえ かんこ んごう
うこく 。その それで て、そ
が、こ といえ ありが んこく
とうご えいき これが たりし
もあり こと。 んえい このこ
したこ こうこ 。こう えんじ
あまり であり いのこ んがえ
。こん より、 そうし そこで
それを うぞう こうい こんご
、こう えいが こども ことは
いこと 。それ あり、 りよう
こうが あたり しんこ ありま
りゆう こうの うこと りまし
て、こ はこう うのこ ことだ
んこう りかえ それは 。この
それが 。そし えてい かんり
は、そ ことし うえで こうは
をとり いえば まえの で、そ
をこう こうど たり、 ころが
こんか とりあ そのた があり
うそく 、ここ そのこ ことと
まこと んそく た。こ とのこ
で、こ のころ 。これ こころ
そして をくり こうり ことを
このた んのこ し、そ たとえ
いうこ そのま た。そ し、こ
こうし えば、 のえん しこう
ころで しごと がえて こうで
そうい いこう ことが いぞう

上段人差し指(2)と中指(3)と薬指(4) + 中段

ーーーー づづづづ ーーーー づづづづ
づづづづ ーーーー づづづづ ーーーー
ぁぁぁぁ ゎゎゎゎ ぁぁぁぁ ゎゎゎゎ
ぱぱぱぱ ぱぱぱぱ


()()()() ++++


かーど めーか りしー しんぱ
いめー んたー でーた ーかー
んぱい ーたい

上段人差し指(2)と中指(3)と薬指(4)と小指(5) + 中段

けけけけ つつつつ けけけけ つつつつ
つつつつ けけけけ つつつつ けけけけ
みみみみ ふふふふ みみみみ ふふふふ
ふふふふ みみみみ ふふふふ みみみみ
げげげげ ぶぶぶぶ げげげげ ぶぶぶぶ
ぶぶぶぶ げげげげ ぶぶぶぶ げげげげ


@@@@ %%%% @@@@ %%%%


つした のぶん うげん ぶんが
をつけ をかけ 、じぶ つうじ
いげん つどう いつも しつも
いけつ げんじ けいの けんの
はつげ じけん かつど くりつ
つづけ をうけ んけい だてつ
うりつ れだけ のげん つよう
ぶぶん ぶんし りあげ けんと
んけん あげま 、けい つげん
てみた けいか いけん けいし
つまり うぶん つかわ ぶんの
くみあ いけい くけん してみ
かんけ けんし ただけ だけど
うけん けんを かいけ じぶん
をみて んぶん つもん ついて
げんし わけで けど、 んだけ
のけん けんり をつか けいた
けいや ければ つかう けでは
つうし ぶんを んじつ えんげ
みたい くぶつ つぎの つばい
だけで うつう ぶんで たいけ
のけい うけい いかつ つかい
いぶん そふと けんが けんき
んげん あつか うじつ ふぁん
んぐみ ふぁい をつく けてい
げんの んけつ けれど はいけ
つめい いはつ はつば しあげ
つして ふつう 、げん じつは
けんで

上段人差し指(1)と人差し指(2)と中指(3)と薬指(4)と小指(5) + 中段

ささささ ひひひひ ささささ ひひひひ
ひひひひ ささささ ひひひひ ささささ
ざざざざ びびびび ざざざざ びびびび
びびびび ざざざざ びびびび ざざざざ
ぉぉぉぉ ぴぴぴぴ ぉぉぉぉ ぴぴぴぴ
ぴぴぴぴ ぉぉぉぉ ぴぴぴぴ ぉぉぉぉ


・・・・・・ ・・・・・・ ```` ````


くさい けいざ ださい されて
そうさ こうさ さくけ いされ
、ひと くされ ひとつ しんさ
さんと さい。 んさく ひとた
さーび のさい くださ たくさ
、さい いひん されま たいさ
いひと まざま ひとの ござい
さいの んさん くさん された
さんし さいき んさい いざい
がひつ けんさ さまざ そんざ
しさん さだめ ひとは んされ
うひと さくひ ひとが ひつよ
うさい うさん さん、 さんか
ひとり げんざ ざいま いさい
さいこ かいさ んざい けいさ
さんは さいご さいと さんこ
いさく さんの うひん さいし
さんが ざいの くひん いさん
のひと くざい ようさ うされ
ゆーざ さくし てれび